QCプロとQCプロEXの違いは何ですか?

QCプロはデータベース型なので、豊富な検索機能をはじめ、ほとんどの操作が選択形式での操作で、初めての方でも操作が簡単です。データベースなので、蓄積されたデータを有効に活用できます。

<QCプロの特徴>

  • 専用ソフトなのでパソコンに不慣れでも簡単に操作できる
  • 長期間の大量なデータをコンパクトに保存
  • 検索機能とのセットでトレーサビリティのしやすい管理ができる
  • 参照登録機能を使えば初期登録も簡単で、測定準備がスピーディー
  • 英語・中国語・韓国語の検査成績表にも瞬時に切り替えができる
  • ヒストグラムやXbar管理図等も瞬時に作成(オプション)
  • パトライト対応(オプション)

QCプロEXは測定データをエクセルシートに直接取り込むためのソフトウェアです。
エクセルアドインソフトなので、エクセルで作成した帳票であればそのまま使用が可能です。
これまで使用していた帳票のセルにID番号を割り付けることで、
取り込むセルを指定できますので、過去の帳票も有効に活用していただけます。
但し、テレメジャーなどで測定データをエクセルシートに取り込むことに特化したソフトウェアですので、テレメジャーなしでのご使用はあまり意味がありません。

<QCプロEXの特徴>

  • エクセルを使用するので操作が簡単
  • 音と画面の自動判定で、合否が瞬時に確認できる
  • 全てのテレメジャー受信機に対応

QCプロEXが、測定器からPCへのデータ取り込みを主な目的としているのに対して、QCプロは蓄積したデータを有効活用することを主な目的としています。

 

※多数のクライアント接続したり、クライアントごとに機能制限をする場合などはQCプロCS がお勧めです。