QCプロでDB更新の画面が表示されたら実行するべき?

DB更新とは既存のデータベースをQCプロのソフトウェアバージョンに対応するデータ構成へ更新する機能です。

データベース構成が変更されたバージョン以降にする場合は同時にDB更新を行ってください。
古い構成のデータベースではソフトが動作しません。(重複して実行しても問題ありません。)

■データベース構成に変更があったバージョン(2020/8/27時点)

800-001、800-004、800-006、800-025、800-037、800-039、800-042、800-050、800-054、800-063、800-066、800-067

アップデート履歴には「※本バージョンは【DB更新】が必要です。」と記載しています。

※Ver.800-045以降ではアップデート時に下記のDB更新画面が自動で起動します。バックアップを行った上で実行してください。

※Ver.800-058以降ではサーバ名(接続先)が自PCでない場合はDB更新画面を表示しない様に仕様変更されました。
その場合はデータ管理よりDB更新画面を起動して、バックアップを行った上で実行してください。

※Ver.800-044以前ではデータ管理より下記のDB更新画面を起動して、バックアップを行った上で実行してください。