QCプロ(品質管理ソフトウェア)

QCPRO

QCプロは、SPC(統計的工程管理)に対応した測定データを自動で記録・計算・解析するソフトウェアです。専用ソフトのため、パソコンに不慣れな方でも簡単な操作で高度な品質管理の業務が行えます。また、テレメジャーを利用した無線入力では、すべての作業が自動化されるため、読み取りミスや転記ミスの心配がなく、正確な検査成績表が出来上がります。SPCに対応した合否判定、 統計処理はもちろんのこと、測定項目間の計算結果もリアルタイムで表示しながら入力できます。

QCプロを使用することで、検査成績表等の帳票作成時間が大幅に短縮できるので、品質管理業務のコストダウンを実現します。さらに、電子メディアにデータを保存することにより、長期間の大量データをコンパクトに保存し、検索機能とのセットでトレーサビリティのしやすい管理ができます。エクセルなどのデータに変換できるため、保存データも有効に活用できます。製品測定情報が日・英・中・韓の4ヶ国語で登録できるので、4カ国語に対応した帳票出力も簡単にできます。

※SPC=Statistical Process Control(統計的工程管理)

品名
QC PRO(QCプロ)
※現在のバージョンはVer.8です。(Ver.8は2012年11月1日より発売を開始しました。)
標準価格(税抜き)
¥300,000~ (詳細はお問い合わせください)
動作環境と制限事項
  • 動作OS:→ソフトウェアOS対応表
  • CPU:インテル(R) Core i5 相当以上
  • メモリ:4GB以上
  • ハードディスク:Cドライブに50GB以上の空き容量
  • ディスプレイ:1280x1024 65536色以上
  • Microsoft .Net Framework:4.6.1以上
  • データベース:Microsoft SQL Server 2014、2016、2017、2019(Standerd EditionまたはExpress Edition)
    SQL Serverのサービスパックについて重要なお知らせ
  • 対応バーコードリーダー:IDEC DATALOGIC/UNITECH MS337/Honeywell Voyager 1452g
サポート
QCプロのサポート詳細はこちらをご覧ください。
  • 改良のため予告なく変更する場合があります。
  • テレメジャーは、日東工器株式会社より弊社に営業譲渡された商品です。
  • Windows,Excelは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
「QCプロVer.8」の特徴
  • Windows8 対応(2016.4.1~ Windows10対応)
  • 64bit OS対応
  • 三次元測定機等のCSVファイルを読み込み
  • バーコードリーダー対応(QR)
  • ヒストグラム・管理図表示
  • 製造現場の傾向管理
  • 図面・指示書・工程表・Excel/Wordファイルとのリンク
  • 過去の記録一覧
  • 日報/月報自動作成
  • 検査データの集計機能(測定データ・cpk値・max/min・平均値等)
  • Excelでの検査表作成
  • 無線ダイレクト入力「テレメジャー」やミツトヨ製「U-WAVE」対応で、 転記ミス・入力ミスがゼロ!
QCプロの紹介動画
QCプロの紹介ムービー
  • 音楽が流れますので、ボリュームにご注意下さい。
PDFカタログ
QCプロ詳細カタログ
QCプロ カタログ(PDF版)
Get Flash Player動画の再生には『Adobe FlashPlayer(無料)』が必要です。
⇒adobeのサイトからFlashPlayerをダウンロードする。

  • Flash動画に対応していない機器(iPhoneなど)では再生できません。
  • Windows 10 で Microsoft Edgeをご使用の場合、Flash Player が組み込まれていますのでインストールの必要はありません。Microsoft Edge の設定でFlashを有効にしてください。 → Edge で Flash を有効にする方法
get_adobe_readerPDFをご覧いただくためには『Adobe Acrobat Reader(無料)』が必要です。
⇒AdobeのサイトからAcrobat Readerをダウンロードする。
QCプロの基本機能
一目で分かる見やすい管理画面で製品・ロット情報の登録

製品とそのロット情報の登録はコードテーブルから簡単に選択入力ができ、面倒な初期登録を短時間で正確に行えます。また、製品・ロット情報の管理項目は、自社に合った項目名に自由にカスタマイズできます。

無線入力「テレメジャー」対応

テレメジャーを使えば、有線方式と無線方式を同時に利用できます。無線方式は、各測定器に取り付けた超小型無線送信器 (トランスミッタ)にID番号をセットすることで、送信元を認識することにより面倒な切り替え操作なしに、 最大100台の測定器の測定データが受信できます。

Cp,Cpkもリアルタイムに反映/自動判定・総合判定機能付き

測定画面
最大,最小,平均,Cpk等の統計処理が測定中にリアルタイムで表示できます。測定項目間の計算関数を使用すれば、計算結果を確認しながら測定できます。また、自動的に合否判定され、自動的に測定箇所に入力されて音と色で確認できます。測定データの表示は、各項目ごとに絶対値・相対値が自由に設定できます。規格外の数値と項目は赤色で表示されるので、誰でも簡単に不良箇所を認識できます。

過去トラの記録、確認がすぐに出来ます!

記録画面

最大1000件までの登録が可能で、保存するデータは画像、PDF、エクセルファイルなんでもOK。 検査標準書等をPDFにまとめておけば自動表示もでき、検査前に確認することも出来ます。過去の検査履歴など製品やロットについて記録を登録する機能です。

データの絞り込みで高速検索

ロット選択(検索)画面

製品番号やロット番号以外の検索や、複数の項目を組み合わせての検索を、予め名前を付けて登録することで必要なデータが瞬時に表示されます。

RS-232C出力に有線対応

RS-232C有線出力

測定器から直接PCへ接続し、有線での入力が 可能です。測定後、RS有線データ要求ボタンを押せば、測定データの転送が出来ます。設定も簡単、各種メーカー測定器に対応出来ます。

図面を見ながらミスなく入力

図面表示

検査画面を立ち上げると自動で図面が表示できたり、複数枚の図面を登録することができ、測定箇所ごとに図面が自動で切り替わります。対応しているデータ形式はBMP、EMF、WMF、JPG、GIF、DXF※の6形式です。(※DXF形式には一部制限があります。)

グラフ表示で傾向対策

グラフ表示

グラフ画面を表示すれば、傾向やバラツキ、時系列変異が一目でわかります。個々のデータの時間表示で定期検査に活用ができ、安定状態の判定チェックも可能です。

Excel関数の利用OK!

帳票設計

測定データを使った計算式を自由に登録できる為、自社独自の統計処理や計算結果を算出することができます。また、計算式にはExcel関数が利用できる為、複雑な計算でも短時間で処理されます。

検査成績表の作成・印刷

検査票印刷

検査成績表のレイアウトはExcelで作成できる為、現在お使いのレイアウトをそのまま利用できます。データ表示位置には、規定の帳票コマンドを挿入するだけの非常に簡単な作業です。
また、検査成績表はExcel形式に変換することもできます。

CSVファイルからのデータ取込が可能

CSV取込機能

三次元測定機等の特定のPCで管理するデータをCSVファイルで保存すれば、QCプロに取り込むことができ、測定データの一元管理を実現します。


QCプロのオプション
QCプロメニュー画面(見本)
QCプロメニュー画面(見本)

QCプロでは多彩なオプションソフトをご用意しております。より充実した品質管理体制を実現できます。

管理図(標準価格¥150,000)

管理図を見ながらの測定や、過去の測定データを元にヒストグラム・管理図の作成を行えます。
また、検査画面で前回までのロットの集計ができ、リアルタイムで管理図のチェックが行え、不良率チェックや
検査のムダ取りに活用できるCpk管理図等オリジナル管理図も搭載しており、管理状態の判定もできます。

検査経歴書印刷(標準価格¥100,000)

同じ製品のロットを複数まとめて印刷することで、測定データの変化を把握できます。例えば、1製品8ロット分を各測定箇所毎の最大値、最小値、Cp、Cpkなどを表示することで、測定箇所単位での測定データの変化やトレーサビリティを捉えることができます。

日報・月報印刷(標準価格¥50,000)

毎日の測定結果(製品番号、ロット番号、担当者名、ロット数量、測定結果)を作業日報として印刷します。 また、日付範囲を指定することで過去の月報も印刷できます。

QCリンク(標準価格¥100,000)

既に各工程ごとの製造現場で測定されたデータを品質管理部門で必要な箇所のみを指定して集計し、1枚の検査成績表として作成することができます。

連続印刷(標準価格¥50,000)

測定作業で作成する検査成績表の印刷を一括で行います。同じ宛先や製品の検査成績表をまとめて印刷する場合に便利な機能です。

パトライトR設定(標準価格¥50,000)

パソコンから離れた場所からでも、測定データの入力確認や合否判定を確認できる機能です。

測定モニタ(標準価格¥100,000)

ネットワークで接続された他のパソコンの測定状況をモニタする機能です。各工程で検査をする場合、前工程の進捗状況が把握できる為、自工程への受け入れが予測できスムーズな検査システムが構築できます。

データ書出読込(標準価格¥50,000)

製品データまたはロットデータを指定してファイルに書き出しや読み込みを行う機能です。例えば、離れた工場で稼働するシステムから本社のシステムへ測定情報をコピー(移動)させる場合などに便利です。

※標準価格には消費税は含まれておりません。


CSVからデータ取込で一元管理が行えます。

通常、三次元測定機や画像測定機はそれぞれの専用PCがあり、機器ごとにデータ管理が必要ですが
これらの機器にCSV出力機能が付いていれば、QCプロにCSVデータを取り込んで一元管理を行うことが可能になります。

  • 複数ロットの分析も簡単
  • 重さ、硬さ、トルク、寸法測定以外のデータも一元管理
  • 三次元測定器や画像測定器のデータも取込可能

↓QCプロによる品質管理については下記投稿論文をご覧下さい

get_adobe_readerPDFをご覧いただくためには『Adobe Acrobat Reader(無料)』が必要です。AdobeのサイトからAcrobat Readerをダウンロードする。