テレメジャーII データレシーバー:DR-200U/R/D

DR-200U測定データを受信しパソコンに自動入力!世界共通周波数で活躍の場が広がります。

  • 送信器側のIDは従来通り手元のスイッチで0~99の100通りが設定可能。さらに、受信機側にも電波形式を変えることにより128通りのレシーバ番号の設定が可能なので、最大で128×100=12,800台の測定機器を識別できます。
  • 無線LANやBluetooth等の電波を使用する機器との衝突を避けるため、コリジョン(電波衝突)対策を強化し、混信しないように設計されています。
  • 特定小電力の2.4GHz帯を使用することで、最大50mの通信を可能にしました。従来のテレメジャー(通信距離約10m)に比べ、より遠くに、安定した通信を実現しています。(通信距離は環境条件により異なります。)
  • 送信器と受信機の双方向通信の設定ができ、無線によるデータトリガが可能。送信器を操作しなくても、受信機からデータ要求ができます。また、自動インターバル送信も0.2秒~60分まで設定できます。
【DR-200U/R/Dの仕様】
型番DR-200U
(USB出力タイプ)
DR-200R
(RS-232C出力タイプ)
DR-200D
(デジマチック出力タイプ)
製品名データレシーバ
受信周波数2.4GHz(世界共通周波数)
標準価格¥120,000(税抜)
¥125,000(税抜)¥150,000(税抜)
受信距離見通し50m (環境条件により異なります。)
パソコン出力USBRS-232CUSB/デジマチック
電  源USBバスパワーAC100Vアダプタ(DC9V)デジマチックケーブル使用時:AC100Vアダプタ(DC9V)
USBケーブル使用時:USBバスパワー
外形寸法D116.5×W72.7×H25mm
重  量82g91g82g
よく見られているFAQ
テレメジャー II (5)

送信のタイミングが完全に同時の場合、受信できない可能性があります。
約0.2秒以上あけて送信して下さい。

ミツトヨ製ハイトゲージ「HDM-30A」「HDM-60A」の古いタイプに関して、一部出力に問題が報告されています。当該ハイトゲージをご使用の場合、測定に支障はありませんが、テレメジャーに接続しても、データが正しく出力されません。

上記の件につきましては、(株)ミツトヨにて修理を行っています。
お心当たりの方は、弊社までお問い合わせください。

DR-200U(USBタイプ)×2台を1台のパソコンに接続しても、正しくデータを取込むことはできません。DR-200R(RS-232Cタイプ)×2台またはDR-200UとDR-200Rを各1台の組み合わせでご使用下さい。DR-200R(RS-232Cタイプ)×2台を1台のパソコンのUSB端子に接続する場合は、異なったメーカーのUSB/RS232C変換アダプタをご使用下さい。

規定の通信距離(50m/20m)は見通しの良い場所でのもので、送受信機の間に障害物があると距離は短くなります。
また、電波環境が悪い場合は極端に短くなることもあります。高い位置に受信機を設置すると通信距離は長くなります。

トランスミッタ用電源供給セットPS2032を接続して外部電源で稼動させることが可能です。

詳しくは弊社までお問い合わせください。

関連商品