テレメジャーII データレシーバー:DR-200U/R/D

DR-200U測定データを受信しパソコンに自動入力!世界共通周波数で活躍の場が広がります。

  • 送信器側のIDは従来通り手元のスイッチで0~99の100通りが設定可能。さらに、受信機側にも電波形式を変えることにより128通りのレシーバ番号の設定が可能なので、最大で128×100=12,800台の測定機器を識別できます。
  • 無線LANやBluetooth等の電波を使用する機器との衝突を避けるため、コリジョン(電波衝突)対策を強化し、混信しないように設計されています。
  • 特定小電力の2.4GHz帯を使用することで、最大50mの通信を可能にしました。従来のテレメジャー(通信距離約10m)に比べ、より遠くに、安定した通信を実現しています。(通信距離は環境条件により異なります。)
  • 送信器と受信機の双方向通信の設定ができ、無線によるデータトリガが可能。送信器を操作しなくても、受信機からデータ要求ができます。また、自動インターバル送信も0.2秒~60分まで設定できます。
【DR-200U/R/Dの仕様】
型番DR-200U
(USB出力タイプ)
DR-200R
(RS-232C出力タイプ)
DR-200D
(デジマチック出力タイプ)
製品名データレシーバ
受信周波数2.4GHz(世界共通周波数)
標準価格¥120,000(税抜)
¥125,000(税抜)¥150,000(税抜)
受信距離見通し50m (環境条件により異なります。)
パソコン出力USBRS-232CUSB/デジマチック
電  源USBバスパワーAC100Vアダプタ(DC9V)デジマチックケーブル使用時:AC100Vアダプタ(DC9V)
USBケーブル使用時:USBバスパワー
外形寸法D116.5×W72.7×H25mm
重  量82g91g82g
よく見られているFAQ
テレメジャー II (5)
  • トランスミッタに測定器を接続しなくても、Cボタンを押しながらDATAボタンを押すとキャンセル信号が送信されますので、受信機の受信ランプが点灯すれば電波を受信していることがわかります。

受信ランプが点灯しない場合、下記のような可能性が考えられます。

  1. 接触不良(一度RS-232Cケーブル、電源ケーブルを本体よりはずしてみる)
  2. トランスミッタの故障ケーブルの断線等
  3. 長時間電源を入れっぱなしの場合、データ入力ができなくなる場合があるので、一旦電源を落とし、数分後に入れなおしてみます。
  4. レシーバ番号が違う。(DR-200U/Rに付属の高機能設定ソフトから[設定読込]で受信機のID番号を確認することができます。出荷時点ではレシーバ番号は「1」に設定されています。)
  5. 自動スリープ機能が作動している。(下記の測定器の場合はご確認ください。)
自動スリープ機能により電源がOFFになる例
〇東日トルクレンチ用トランスミッタ(TXG-RST)をご使用時、自動スリープ機能により10分以上ボタン操作がないと電源がOFFになります。その場合はDATAボタンを押すと、電源がONになります。測定器の「MEM」ボタンを押すと、データが送信されます。
〇下記のRS-232C出力付き測定器でTXG-RSをご使用の場合も、自動スリープ機能により10分以上ボタン操作がないと電源がOFFになります。その場合はDATAボタンを押すと、電源がONになります。

  • ミツトヨ/ 光学データ処理システム QM-Data200
  • トリモスシルバック/ テコ式インジケータS234電池BOX付
  • 新潟精機/ 電子水準器レベルニック DL-S3
  • ケット科学研究所/ 膜厚計 LZ-200J、膜厚計 LZ-990、膜厚計 LE-330J
  • 小野測器/ 騒音計 LA-1250
  • サンコー電子研究所/ デジタル膜厚計 CTR-2000Ⅲ
  • ニコン/ 測定顕微鏡本体付標準カウンタ SC3-E1
  • キーエンス/ 2次元レーザ変位センサLJ-Gシリーズ
  • 東機産業/ 粘度計TV-33
  • トリモスシルバック/ てこ式インジケータ μS234
  • 東日製作所/ 増し締めトルクレンチCTB、CTBE
  • クボタ/ 無線式吊ばかり表示器 KS-C7000HS
  • 新潟理研測範/ デジタル水準器RDL-1
  • 杉崎計器/ デジタルトルクレンチ・ドライバDSW、DSD
  • マール/ ミリトロン1240

※データ送信は測定器のボタンで行って下さい。

テレメジャーII は世界共通の周波数を採用していますが、各国で輸出入に関する規定等がありますので別途ご確認ください。

また、データレシーバDR-200RはACアダプタを用いてDC9Vを本体に供給しますが、付属のACアダプタはAC100V用ですので、各国の電源事情に応じてそれぞれ必要なACアダプタを用意ください。

「QCプロシリーズ」がサポートしている通信機器の種類は下記です。

  1. テレメジャーⅡ受信機(ベクトリックス㈱製)
    ・DR-200U/R/D
    ・DR-200mini
  2. テレメジャー受信機
    ・DR-20、DR-30(ベクトリックス製:販売終了)
    ・μ-WAVEレシーバ02AZC740(ミツトヨ製:販売終了)
  3. ミツトヨ製 U-Wave Receiver
  4. RS-232C出力付きのデジタル測定器
  5. SPP(Serial Port Profile) 型 Bluetooth 機器 ※QCプロEXは非対応
    ・DIGI TEK Inc製 DKA 101・DDM 101 等

デジマチック出力またはRS-232C出力(一部測定器を除く)の測定器が使用可能です。

◆デジマチック出力の場合、測定器のコネクタ形状によってトランスミッタの型式が異なります。製品情報(トランスミッタのページ)でご確認下さい。

◆RS-232C出力の場合、測定器ごとに通信データを書き込んでいますので 製品情報(RSトランスミッタの実績)で書き込み実績をご確認下さい。

何れも記載されていない測定器との対応状況に関しては、弊社まで直接お問合せ下さい。

測定器がデジマチック測定器の場合、外部スイッチ対応トランスミッタ(TXG-K〇Q)を使用して、接点信号を0.6秒以上の間隔で外部から入力することができます。
(ユーザ様側で入力信号生成回路が必要となります。)

測定器がRS-232C測定器の場合、外部スイッチ対応トランスミッタ(TXU-RSQ)を使用して、インターバル送信ができます。(コマンド信号のある測定器に限定されます)
※ご希望の場合は「インターバル送信」と「時間間隔」を指定しご注文ください。

関連商品