QCプロCX についてのFAQ

ベクトリックス製品に関してお客様から寄せられるお問い合わせとその回答をまとめたQ&A集です。

QCプロCX (13)

特に制限はありません。測定器コードによって管理されますが、日本語ではなく分かりやすい記号の入力を推奨いたします。

個々の測定器の校正時にどの基準ゲージで構成したのかを登録できます。

外部からの校正証明やトレーサビリティ等をPDF等で登録して紐づけが出来ます。

月ごとにどの部門にどれだけの校正をしなければならないのかを回収指示書で知らせることが出来ます。

計測器情報に「廃棄」の状態で廃棄日とともに管理が可能です。過去の校正記録も記憶されます。

測定器と基準ゲージを結びつけ測定器だけでなく基準ゲージも購入時からの校正記録が管理できます。

Excelでレイアウトを決めて発行することが出来ます。

特に制限はありません。
※データベース(SQL Server)のライセンスが必要になる場合がございます。

重さ、温度、湿度などの数値で校正するものは可能です。

随時ソフトのアップデートやバージョンアップを行います。
ご要望があればお気軽にご連絡をください。

現在のところデモ機の貸し出しは行っていませんが、営業担当が訪問してデモ実演をすることは可能です。

JIS Q 17025では試験の正確さの要求などの技術的な能力の高さを必要としますが、本ソフトウェアは試験の結果を管理し校正漏れなどを防ぐ用途となっています。

必須ではありませんが、アップデートのご提供や問題が発生した時の対応等、安心してご使用いただくために1年毎に更新していただくことを推奨いたします。

QCプロシリーズのサポートサービスの内容

PCトルクアナライザーのサポートサービスの内容

Previous

Next