テレメジャーII

テレメジャーはデジタル測定機器に無線送信器(トランスミッタ)を取り付けて、パソコンに接続された受信機(データレシーバ)を経由し、測定データをパソコンに自動入力するためのシステム機器です。テレメジャーII は、世界共通周波数の2.4GHz帯を使用、通信距離もテレメジャーの約5倍、受信機番号の設定で、 最大12800台の測定機器を識別することができます。また、データトリガが可能で、受信機側からもデータ要求ができます。USBタイプの受信機なら、ACアダプタ不要です。いろんなメーカーの測定器に接続ができるので検査表作成も簡単にできます!

テレメジャーIIシリーズの製品

テレメジャーIIはこんな方にピッタリ!
  • 面倒な測定データの手書きをなくしたい
  • 入力ミス・転記ミスをなくしたい
  • わずらわしい測定器のケーブルをなくしたい
  • パソコンから離れた場所の測定器からデータを取り込みたい
  • メーカーの違う測定器のデータを1枚のシートに入力したい
  • 多数の受信機を同時に使用したい
  • 日本以外でも使用したい
  • 10m以上離れた場所に送信したい
  • 手元で受信確認がしたい
  • 一定間隔で自動インターバル送信がしたい
  • 多点同時測定がしたい
  • 受信機からデータ要求をしたい
テレメジャー2
テレメジャーII & QCプロEXのデモンストレーション

デジタルの測定器から無線を使って、パソコンのエクセルに直接、測定データを入力するシステム“テレメジャーⅡ”と入力した測定データの合否を自動判定するエクセルのアドインソフト“QC PRO EX”のデモンストレーション動画です。

PDFカタログ
テレメジャーII総合カタログ (PDF版)

 

PDFをご覧いただくためには『Adobe Acrobat Reader(無料)』が必要です。
⇒AdobeのサイトからAcrobat Readerをダウンロードする。

テレメジャーIIの基本的な構成

テレメジャーIIの基本的な構成